更に詳しい自己紹介します。

スポンサーリンク
自己紹介

どうも、まほりんです。

 

 

前回はまほりんの現在の自己紹介をしたので、今回は過去の自己紹介をします。

 

☑幼少期について
子どもの頃は毎日幼稚園に通い、自然の中に埋もれて遊んでいました。

 

お寺の幼稚園だったので、毎日池に向かって、幼稚園の規律を唱え、毎朝走り、自然物で製作をしたり、空手に英語に太鼓に座禅と、今思い返せば、あれは本当に幼稚園だったんだろうかと思います。

 

ですが、普通に楽しかったし、卒園式には大号泣していたので、幼稚園の先生はプロですね。

 

☑小学生の頃について
小学生の頃は、割とマンモス校に通っていて、全校生徒1000人いました。

 

卒業する頃には、800人くらいになってましたが。

 

2年生の頃に、夏休みの宿題をサボって、8月31日にほぼ手付かずの状態で全て残っていたので、泣いた泣きそうになった記憶があります。

 

それから、学習したわたしは、宿題は最初に全部終わらせるようになりました。

 

この頃に、ピアノも習い始めました。

 

部活動は、バトン部で毎日バトンをクルクル回してました。

 

5,6年生になると、旗が回せるんですけど、それがとても楽しみで、4年生の頃に頑張っていた思い出があります。

 

☑中学生の頃について
部活動はバレー部に入りたかったのですが、顧問の先生が嫌いだったのと練習がキツかったので、ソフトテニス部に入りました(バレー部の顧問には、挨拶したのに、聞こえなかったようでそれについて10分怒られてから嫌いになりました)。

 

元々、勉強が好きではなかったわたしは、更に勉強しなくなって、順位がぐぐっと落ちたのを覚えていますね。

 

2年生の2学期とかで、多分下に数人しかいなかったはず。

普通に英語とか躓いた。be動詞って何か未だに分かんない。

 

それで、バカが更にバカになったわしは、3学期から塾に行き始めました。

 

比較的、わたしの地元だと受験生になるとみんな塾に行き始めるんだけど、わたしが入った塾は地元で割と頭の良い塾でした。

 

入塾テストがあるけど、あの点数でなんで入れたのかは、未だに謎です。

 

厳しい塾だったので、わたしは普通に宿題をこなしていた”だけ”でした。

ですが、今までやっていなかったからか、順位はみるみる内に上がって行き、280人中60位くらいにはなった、気がします。

 

勉強しない奴が、勉強すると、順位が上がりました。

 

この上がり様は、勝手に塾のチラシかなにかに載ってたらしい(近所の人が教えてくれました)。

 

お陰で、無事に高校に合格しました!

 

本当は、指定校推薦で行きたかったんだけど、選抜落ちました(わたしより成績悪かった人が通っててむかついた)。

 

☑高校生の頃について
不純な動機で(でも、わたしは真剣に)選んだ、高校に入学。
念願のブレザーも着れてハッピーでした。

 

引き続き、ソフトテニス部にも入って、時々、帰り道に友だちとマックに寄ったり、ボーリングに行ったり割とわたしなりに楽しい高校生活を送りました。

 

1年生の8月からはバイトもしましたね。

 

初給料で家族にデザートのヨーグルトを買ったのを覚えてます。

 

今思えば、なんでヨーグルト?って感じだけど、初月は8000円より少ないくらいしか、バイト代無かったから自分でも使いたいしって事で、ヨーグルトにしたんだと思います。

 

その焼肉屋さんも、3ヶ月の研修の末、

 

向いてないんじゃない?

もっと落ち着いた店が向いてると思うよ。

って言われて、3ヶ月の研修終了しました。

 

そして、12月に入ってスーパーマーケットでレジ打ちのバイトを始めました。

 

ここは、難なくクリアして、普通に高校生終わっても働いてました。

 

学業では、数学は、最高96点(だった気がする)を叩きだし、英語では24点(これは確実)を取りながらも、無事に過ごしました。

 

そして、確か2年生の頃に、中学生の頃から仲良かった友だちと疎遠になりました。

 

この喧嘩も確か些細な感じで、友だちに勝手にテストの点数を暴露されてわたしが怒ったんだと思います。

 

自分で言うのは良いけど、その時は友だちにはバラされたくなかったんですよね。

 

今思えば、どうでもいいけど。

 

そんな少し山あり谷ありな感じだけど、3年生に無事に進級しました。

 

3年生の体育祭は楽しかったので、画像貼っときます。

 

なんのこっちゃな画像なんだけど、体育祭で応援合戦するんだけど、3年生しか出来ないやつを、毎日の授業後に練習で残ってやってる時の写真です。

 

青春って感じで好きだから、貼りました。

 

圧勝で応援合戦も勝ちました!

 

そして、進路ですよね。

 

受験するにあたって、バカだから面接で取り柄として話せるのって何かな?=ピアノ。

 

では、ピアノを活かせる仕事って何かな?=保育士。

 

という単純な方程式で、保育科を受験することに決めました。

 

無事にAO推薦で合格することができ、そっからはひたすら、バイトに打ち込む日々でした。

 

ちなみに、卒業旅行はUSJに行きました。

 

そう言えば、高校生の頃に1番仲良かった子に
まほりん、ボーリングの投げ方下手くそ。
見ててイライラする。
と言われてから、その子とボーリングに行かなくなりました。

 

普通に遊びには行きます。
☑短大の頃について
短大では、半年間友だちが全くいなかったですね(リアルに)。

 

なんで、友だちいなくても平気だったかというと、毎日1,2限しか授業が無かったからです!

 

お昼ご飯を食べる必要は無かったので、普通に気になりませんでした。

 

そして、どうやって友だちが出来たのかと言うと、スポーツ大会と言うものが行事に組み込まれており(休むと単位ない)、そこで必死に勉強している子がいました。

 

何してるの?

とわたしが、話しかけたのが何となくのきっかけでしたね。
因みに、その子は本免の勉強してました。
だから、多分その次は
本免受かった?
って聞いたんだと思います。

 

無事に友達もできて、幸せな大学生活を歩み始めることが出来ました。

 

2年生のいつからか、LOST ASHにも通い始めました。
バンギャ人生の始まりって感じですね。
友だちと毎週ラーメン食べに行ったり、腐女子って知ってからは腐った会話もしたりして、割とヲタク活動も活発に行い始めた頃でもありました。

 

それから、怒涛の就活がやっきてきます。

 

と言っても、保育士は全然就活無くて、保育園受けて、受かったらそこにほぼ確実に就職ってなるので、そんなに就職と言う就職は無いです。

 

わたしは、小規模の保育園に行きたかったから、採用人数が2人くらいのところばっかり受けてて、落ちまくりました。

 

そして、ふと目に入ったマイナビのチラシ、家賃補助の保育園が。

 

少しめげていたわたしはコロっとそこを受けました。

 

採用人数も30人くらいだったので、まんまと受かり、無事就職することが出来ました。

 

それと同時にわたしの、幼稚園再実習も決まりました。

 

今思い返すと、本当に保育士の才能無かったんですね。

 

因みに、短大の卒業旅行は神戸に行きました。

 

(美味しい朝食の写真貼りたいのに貼れない…)

 

☑社会人の頃について
社会人になると、わたしはひとり暮らしって前々から言われていました。
なので、就職はどこの場所でもいい!って感じで就職しました。
今思えば馬鹿な選択をしたなぁと思います。

 

県外なんて、出るもんじゃない。

 

社会人時代については、また深く語って行きますね。

 

とりあえず、一度ここで、おしまい!!!

コメント